二次らぶ!

アニメの感想,画像・壁紙

*

【感想・ネタバレ】アニメ「人類は衰退しました」の感想を1話から。(評価)

  公開日:2016年12月6日
 

アニメ「人類は衰退しました」の感想を1話から最終話まで書いていきます。

「人類は衰退しました」は田中ロミオ先生のライトノベル(ガガガ文庫)が原作です。2007年に1巻が発刊されてから、2016年12月現在では11巻まで発刊されています。
アニメは2012年7月から放送され、本編の面白さもさることながら、オープニングも人気を博しました。監督はAngel Beats!などで有名な岸誠二さん。アニメーション制作はアニメインターナショナルカンパニー(AIC)です。

2014年には人類は衰退しました Blu-rayBOX(Amazonリンク)も発売されました。

さて、数年前の作品ですが、私はこの作品が大好きで、今でもちょこちょこ見返したりしています。1話、2話くらいで一つのストーリーが完結するから見やすいんですよね。今更ながら感想を1話から書いていきたいと思います。

1話「妖精さんの、ひみつのこうじょう」(前編)

人類は衰退しました1話の感想です。

566752

原作とは違う時系列なので、1話は鶏と物資不足の話の前編ですね。アニメの1話、2話は原作で言うと4巻にあたるお話になります。

人類は衰退している真っ最中で、物資不足の中、わたしちゃんたちが鶏の脱走を許してしまいました。これには男性陣が大激怒……と思いきや、わたしちゃんが機転を利かせて見事に相殺wわたしちゃんのしたたかさがくせになります。

わたしちゃんが鶏を脱走されてしまう

物資不足を憂いた妖精さんたちが物資を用意してくれた……?のか、町には出元不明の物資があふれていました。わたしちゃんは毛を長くする薬を使って見事に元通り!?ちなみに、わたしちゃんの髪の毛が短い理由は6話で語られます。原作では3巻なので、断髪された後すぐにこのお話ということになります。

その後、加工済みチキンとの遭遇があり、中田さんに協力してもらい、物資の出元である「妖精社」に行くことになったわたしちゃんたち。

中田さん(妖精)

意外と近くにあった工場は前衛的で、工場の中にはしゃべる食パ…キャロットミックスパンが!?
わたしちゃん、これをスルーして1話終了ww

キャロットミックス果汁入りパン(ハム太郎)

それにしても妖精さんたちがかわいすぎますよね。当時、初めて見たときから全く変わらない妖精さんたちへの愛おしさ!わたしちゃんの腹黒さも大好きです!

2話「妖精さんの、ひみつのこうじょう」(後編)

人類は衰退しました2話の感想です。

1話からの続きです。いつのまにかおじいさんが消えていて、それを確かめに行った受付さんも戻ってきませんでした!不審に思いつつも先に進むしかない……。

と、なんと助手さんともはぐれてしまいます!!
あやうく現世からおさらばしてしまう危機一髪のところを誰かに助けてもらった後、文化局長と出会い、ボッシュートされた局長をスルーし一人で先に進むことになりました。文化局長の小物感大好きですwあとそれをスルーして行っちゃうわたしちゃんw

文化局長と私ちゃんの画像

そして、一番奥の部屋のドアを開けるとそこには、加工済みチキンの軍団が!!
妖精さんの力を借りて対話が可能になりましたが、チキンの抵抗により檻に閉じこめられてしまったわたしちゃん。中田さんとわたしちゃんの会話すっごく楽しいですよね。加工済みチキンの話をスルーするのもわたしちゃんらしいですw

jinrui2-2

しかし!そんなところに助手さんが!!銃声のシャッター音を響かせながカメラをとる助手さんに、庭とっりたちは恐れをなし、追いつめられたチキンたちは崖から飛び降りたのでした。
わたしちゃんはというと、妖精社の髪伸ばし薬で意志を持った髪に助けられていたのでした!まさか1話のあの話がこうつながってくるとは……w

jinrui2-3

妖精社の工場は妖精さんに解体しいてもらい一件落着なのでした。

jinrui2-4

あの工場で作った薬だったから髪にも意思が宿ってしまったのですね。いやーこのネタばらしを初めて見たときは「ええっ!?」と驚いて同時に笑ってしまいました。1話、それから2話でもう人類は衰退しましたが大好きになってしまいました!

3話「妖精さんたちの、さぶかる」

人類は衰退しました3話は原作6巻に収録されている内容です。

わたしちゃん、Y、助手さんの3人はあたりが白一面の密室に閉じこめられていました。なぜこのような事態になったかというと、話は少し前に遡ります。

わたしちゃんの唯一の友人であるYがわたしちゃんの元を訪ねてきたのです。そんなYは男性同士のチョメチョメものが大好きで、発掘したBL漫画を大量印刷して布教していたのです!!!

Yは楠という雑誌を作り、それは全国に出荷されてしまう……。それは流行ってしまう。流行ってしまったのです。

同類誌が全国に散布

新しい雑誌、同類誌がでてきて、こんどは即売会まで開くことに……。ノンケにかまけているわたしちゃんに対抗してサークルを作り、規模を拡大していくのでした。

腐女子の集い

そしてこんなに流行ってしまった同類誌は妖精さんたちに乗られてしまうのです。その結果が、3話冒頭。部屋においてあったノートを開いたら、漫画のコマの中に閉じこめられてしまったのです!!!

4話「妖精さんたちの、さぶかる」

3話は4話の続きです。

漫画のコマの中に閉じこめられてしまったYとわたしちゃん。妖精さんは探しても見つかりませんが、代わりに助手さんを発見!助手さんも同じ目にあっていたんですね。何か事件を起こせば次のコマへの扉が開ける仕組みらしい……のですが、これといって良い案がうまれない3人。

そんなとき、助手さんが壁に絵を描いたらそれが実際にでてきた!?どうやらこの漫画の登場人物であると同時に、作者でもあるらしいです。部屋の明暗は漫画の人気に対応しているらしく、人気がなくなり打ち切りENDになると…!?不安しかありません。

華が壁から生える

同類王のおかげで人気上昇!
ところで、前のコマに戻るドアを作ることができるか試してみたところ、妖精さんの編集ゾーンだった!妖精さんによると、人気を保ったままオチを付ければ出られるらしいです。

そこで!Yが同類王としての本領発揮!
「引き」に始まり「引き」に終わるというYの持論をもとにお話を作っていくと、みるみるうちに順位が上がっていくのでした。
しかーし!読者に飽きられて漫画の人気は急降下。いろいろと対策をこうじるも、ついにはネーム掲載……。漫画は打ち切りになって

稲妻が僕を攻める漫画

ペンルティは家業を継ぐ呪い……でもわたしちゃんはすでに継いでいたのでしたww
Yと助手さんはどうなんでしょうね。原作だと描かれていたりするのでしょうか。気になります。

5話「妖精さんの、おさとがえり」

3巻

6話「妖精さんの、おさとがえり」

 

7話「妖精さんたちの、じかんかつようじゅつ」

2巻

8話「妖精さんたちの、じかんかつようじゅつ」

9話「妖精さんの、ひょうりゅうせいかつ」

4巻

10話「妖精さんたちの、ちきゅう」

1巻

11話「妖精さんの、ひみつのおちゃかい」

5巻

12話「妖精さんの、ひみつのおちゃかい」

ブログランキング

--------------
ブログランキングに参加中です!
よろしければ1日1クリックの支援をお願いいたします。
にほんブログ村 アニメブログへ


--------------

 - アニメ感想

PAGE TOP