二次らぶ!

アニメの感想,画像・壁紙

*

gate(炎龍編)20話感想と画像。ロリコン騎士かっこいい

  公開日:  

gate(ゲート)20話

GATE(ゲート)炎龍編20話の感想・画像です。

ゲート20話は勇敢な少女シェリーちゃんとロリコン騎士菅原さんの愛のお話しですね。シェリーの画像多めの感想かも。

スポンサーリンク

あらすじ+感想

ゲート(GATE)20話のあらすじ+感想です。

ゲート19話はレレイたちのお話でしたが、20話は2大ロリの1翼をなすシェリーちゃんのお話でした。

場面はレレイ一行が魔法都市から逃げるところから始まります。といってもレレイ御一行が映るのはここだけでした。

それから帝国の新しい法律のお話になり、日本は帝国市民の亡命・保護受け入れを拒否するとの構えをすることに。仕方のないことですね。陸将はさすがでした。

そしてテュエリ家、厚和派議員を保護していたとして、シェリー一家は罪人に仕立て上げられました。屋敷の侵入を伝えられると、シェリーを逃し両親は敵数名もろとも道ずれにして屋敷に火を放った……。

呆然とするゲートのシェリー

シェリーたちはその場は逃げおおせたものの、隠れた先の街にまで追手が来て、皇帝が定めた日本領「翡翠宮」へ逃げ落ちることを決める。ここでシェリーは親の仇を討つこと、つまりは帝国と戦うことを決意する。勇敢なシェリーちゃんかわいいかわいいかわいいよ~

翡翠宮前まで来たものはいいものの、政府の決定で帝国民の受け入れを許可しないことになっていたため、菅原はシェリーを受け入れようとはしない。シェリーの必死な呼びかけに応じず、外交官としての任務を果たそうとする菅原さん。
――しかし!シェリーが敵の手に落ちた瞬間!!

いやっ!はなしてっ!

「その汚らしい手を離せ!!」(うろおぼえ)

といって屋敷の外に出る菅原殿。そしてここでシェリーは俺の嫁宣言きたーーーー!!!
ちゃんと「16歳になったら」って言葉を付け足してるあたりがいかにも菅原殿っぽくていいプロポーズでした!

これでアニメでもロリコン騎士菅原、ロリ原さんの完成ですね。

抱き合ってるシーンはなんというか、よかったですね。完全に親子でしたが。菅原殿シェリーにすりすりしすぎい!これは本当にロリコンの資質があったようですね。
シェリーちゃんよかったね!

シェリーちゃん完全に女の子

この2人の逢瀬を邪魔しようとする敵さんたちですが、そこはピニャ様の騎士団が護衛!

「抜刀!」

と叫んで日本領への侵入を防ごうとする薔薇騎士団様たち。負けないで!!

といったところでゲート20話は終わりです。次は何の話かな?気になる。

 

20話全体感想

ゲート(gate)20話の全体感想です。

『シェリー♡菅原』回でしたね。シェリーちゃんの芯の強いところや勇敢なところがいいですよね。菅原さんもそんなシェリーちゃんに惹かれたのか、それともただ助けたいと思ったのかはわかりませんが、とにかくシェリーちゃんが報われて良かったです。

本気で菅原様に惚れていたのかは怪しかったですが、こりゃ本気になっちゃいましたかね。表情が女の顔になっていますわ。

あのまま見捨てていたら目覚めが悪いことこの上ないでしょうからね。たぶん菅原さん一生引きずっていくでしょうね。

笑顔のロリ原

そんにしても帝国、というかゾルザルの野郎かなーりむかつきますね。それとテューレ。あみっけとはいえ容赦はせんぞ!
こんなにされても日本が手出しできないというのはじれったいですが、簡単に戦争を始められるわけもないですからね。他の国だったら――とかも考えますが、世界各国の目があるのでおおっぴろげに戦争はできないかもしれませんね。
「アメリカなら容赦なく……」とか言ってる人もいますが、そんな簡単な話じゃないでしょう。日本の様子が全く描かれていないので想像でしかありませんが、国内からも国外からも注目を集めているでしょう。そのほとんどが批判じゃないでしょうかね。

まあそれはおいておくにして、とにかくシェリーちゃんが助けられてよかったです。21話も楽しみですわい。

 

画像

ゲートgate20話の画像です。

シェリーちゃま多めです。私もシェリーちゃまをぎゅっとしてすりすりしたいです。できることなら抱いて寝たいです。
今からでも外交官目指そうかな。

スポンサーリンク
PAGE TOP