二次らぶ!

アニメの感想,画像・壁紙

 - アニメ感想 ,

【アイドル事変5話感想】歌で解決しない…だと!?あれ?今回は本当にいい話?

  公開日:

アイドル事変5話感想

アイドルが歌を歌って踊って事件を解決していく超常現象アニメ「アイドル事変」の5話が放送されました。5話もやはり歌と踊りで議員さんや周りの人たちを洗脳して事件を解決していくのかなーと思いましたが、なんと5話は違ったのです!!

一日署長になった夏月。

敏腕署長ぶりを発揮していたのはよかったのですが、まさかまさかの立てこもり事件に巻き込まれ!?

アイドルを網で捕まえるなんて……けしからん。
私も一度でいいから女の子を網にかけてみたいんだぞ。

スポンサーリンク

立てこもり犯もアイドル!?

そうなんです、立てこもり現場に突入したのがアイドルなら、立てこもり犯もアイドルだったのです。(+園児)

わかば党のみなさん。

やっと天羽くるはちゃん(真ん中の子)がでてきてくれました。右の清水由奈ちゃんちゃんはエンドカードで水着を四郎してくれました。アイドル事変のエンドカードってレベルが高くて、みんな水着で、かなり嬉しいです。

アイドル事変5話のエンドカード

よせてあげてたわわにしている感じがたまりません。

保育園を取り壊させないために立てこもりをしているみんな。夏月ちゃんもここは一芝居打ってみることに。

でもこれじゃただの時間稼ぎにしか……。

歌で洗脳だ!!……ってあれ?違うの!?

よーしこうなったら奥の手だ!みんなで歌うぞ!

くるはちゃんかわいい。というかわかば党の子たちがかわいい。

↓お前はなにしとんねんwww

ふぅ、今回も歌で解決だな……なんて、この画像を見た方は思ってしまうでしょうけど、今回の詩はただのバックミュージックでしかなかったのです!!

今回解決したのは、園児たちのママさんでした。働くママさんたちの姿に感動した男は、「女性は家で家事をする」という考えを改めたのでした。いやー、イイハナシダッタナー?あれ?今回は本当にいい話?

保育園の問題に切り込んでいくなんて、なんて社会派なアニメなんだ……。さすが議員を扱うアニメですね!()

 

PAGE TOP