二次らぶ!

アニメの感想,画像・壁紙

*

【モノノケ庵】アニメ『不機嫌なモノノケ庵』の感想を1話から最新話まで。

  公開日:  

mononokean

2016年夏アニメ「不機嫌なモノノケ庵」の感想です。

不機嫌なモノノケ庵は、ワザワキリさんがガンガンONLINEで連載中の漫画が原作になっています。アニメ制作はぴえろプラスさんで、監督は岩永彰さん。ぴえろプラスはテガミバチや、最近だと鬼斬やさばげぶっ!なんかをつくっている制作会社です。岩永監督はテガミバチで有名ですかね。主演は梶きゅん。ほかのキャスト情報は記事の一番下をご覧ください。

さて、この「不機嫌なモノノケ庵」ですが、ドラマCD化だったり舞台化だったりが早い段階から決まっており、スクエニさんが結構な力を入れていることがうかがえます。ドラマCDは6月の24日にすでに発売されており、舞台は9月6日~11日、チケットは7月2日に発売開始されました。

ラジオはなんと梶きゅんと前野さん!すごいね!音泉にて隔週での放送になります。

そんな「不機嫌なモノノケ庵」の感想を、1話からばばんと書き連ねていきたいと思います。画像集を作るかどうかということは、現在考え中です。それでは、前置きが長いですが1話からどうぞ。

モノノケ庵1話感想。妖怪かわいいい!!

不機嫌なモノノケ庵1話の感想です。

mononokean-1-4

この妖怪のもじゃもじゃかわいすぎるんですけど!!!え?これが妖怪!?
かわえええええええええええええええええええええええええええええええええ!!!!!!!!!!!

こんな感じで毎回妖怪がぴくぴく動いてくれるんなら、毎回見たいぞ!

メインの2人は安倍晴明と蘆屋道満の名前をパロったものですね。安倍さんが芦屋という苗字を聞いた時の反応から、芦屋の家系は芦屋道満の血筋で妖怪が見れる、ということなんでしょうかね。原作を見ていないので、そこらへんはおいおい知っていくことになりそう。

mononokean-1-2

そして個人的ツッコミは、「おい、茶ぁ飲めよ」です。

あああ薄茶は冷めてしまうとめっちょめちょまずくなってしまうんじゃあああああああああああ!!!!!!
と言いたい。
なまじ茶道をかじってしまったものですから、こういうアニメの茶道シーンっていうのは、今まで楽しめたことがないのです。
そんなとこでお茶たてるな!とか、縁ふむな!とか、言ってあげたいのです。

mononokean-1-3

と、まあそんなことはおいておいて、主演のお二人、声がとってもかっこいい!!
ってあたりまえかw

キャラにすごくマッチしていて、最高でした。

梶きゅんの第一声でぐぼはぁあああああああああああ!!!となり、前野さんの第一声でぎゃおおおおおおおおおおんん!!となりました。ぴったりすぎてやばない?やばあるな。

mononoke-1-1

毎回、妖怪を1人(?)隠世に送り込んでいくのかな?
ストーリーこそあるものの、日常アニメみたいにゆったり見られそうですね。

期待のアニメです!!

モノノケ庵2話感想。やる気勢の主人公がうざい

不機嫌なモノノケ庵2話の感想です。

mononokean-2-1

このやる気勢の主人公、いる?w

安倍さんと妖怪のしっとりとしたお話を期待していたのですが、主人公がでしゃばってきて、無理やりいい話にしようとしていてなんかなーと思いました。

最終的にはギギギアルも治り無事に帰ることができましたが、今後も主人公がでしゃばって、なんだかんだで最後は隠世に送り込めちゃうのかな、なんて思うとあまり面白く見れそうにないです。安倍さんがいるから楽しく見れるけどね!!

mononokean-2

それにしても、こんなのに追われたら正気じゃいられないですよね……。
妖怪おそるべし。

こいつらはなんで最初に女子高生の足にくっついていたんですかね。そういう癖でもあるんですかね。
妖怪が見える芦屋と安倍を連れて父親を助けてもらおうとしたのはわかるのですが、なぜ女子高生に……。やっぱり癖?脚フェチか?
それだったら少しはなかよくなれそうです。

 

キャスト(声優)情報

芦屋花繪  :梶裕貴
安倍晴齋  :前野智昭
藤原禅子  :高垣彩陽
ヤヒコ   :大谷育江
コウラ   :日笠陽子
シズク   :橋本ちなみ
立法    :諏訪部順一
ギギギの親分:立木文彦
ミツチグラ :一条和也
マンジロウ :てらそままさき
ジョウマツ :谷山紀章
アンモ姫  :大西沙織
ノボウ   :飛田展男
翁     :西村知道
トモリ   :三石琴乃

ブログランキング

--------------
ブログランキングに参加中です!
よろしければ1日1クリックの支援をお願いいたします。
にほんブログ村 アニメブログへ


--------------

 - アニメ感想 ,

PAGE TOP