「SSSS.GRIDMAN」、2018年のアニメの中で、今のところ個人的ベスト3に入るアニメです。

この作品は1993年から1994年にかけて放送された『電光超人グリッドマン』が原作らしいですが、私は原作の方は見たことがありません。原作を知っている方にとっては、スペシャルドッグや井ノ上病院、新条アカネちゃんのかわいらしいポーズなど、なつかしいシーンがたくさんあったらしいです。

原作を知っている方に対してとても高い評価を得ていますが、もちろん原作を知らない人にとっても最高に楽しめます。

1話を見た感想を一言で表すと、「かっこいい!かわいい!興奮する!!!」です。

まず、とにかく女の子が可愛いです。

みんな自然な演技なんですよね。女子高生っぽい。最近よくありがちな、ちょろすぎたり都合のいい女の子じゃないところがほんといい。

かわええんじゃ~~~~~~。

六花ちゃんが裕太に対して「覚えてないの?」ときいたやつ、あれはいったい何があったのでしょうか。会話の流れからして、六花ちゃんが裕太に告白した……とかそんなかんじを想像してしまいます。そうだったらめっちょめちょかわいいですよね。

裕太もかわいいし、内海くんも最高にいいやつでした。

傍から見たらただのやばいやつの裕太を、なんだかんだ助けてくれる立花や内海くんはほんと面倒見がいいですよね。

裕太も、素直でいい子そうだし、おどおどしたり不快なところが一切ないのがいい。

キャラクターがみんな魅力的で、これだけでもうずっと見ていられます。

 

そして大切な戦闘シーン。

かっこいいかよ……。

特撮っぽさがちゃんとある。戦い方もまさにそれでした。

 

そして何より!!!!!!!!

音響が極上に心地よい!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

まるで映画館で見るような音響に痺れました。
声優の演技も、効果音も、BGMも、戦闘シーンで流れた大石さんのOPも、何もかもが耳にとって幸せでした。

 

とにかくとにかく、素敵な要素がいっぱい詰まった一話でした。

女の子たちとの絡みが今後どうなっていくのか、敵はいったい何者なのか、どんな怪獣がでてくるのか、学校が直っていた真相は、もしかして建物は直るけど人は元に戻らない仕様か????

気になることも楽しみなこともたくさんあり、2話といわず全話一気に見たくなる作品でした。

やっぱりかわいい……。