こんばんは。三上つかさです。

昨日放送された転生したらスライムだった件1話先行アニメを見ました。

正直なところ、微妙なできだったと思います。1話のつかみとしては、最低の出だしでしょう。

唯一楽しめたのは、OPに江畑諒真さんの戦闘シーンのところくらいでしょうか。

メモ書き程度に感想を書いていきます。

私は「転生したらスライムだった件」(転スラ)を漫画版だけ見たことがあります。(小説もちょろっと読んでみましたが、ギブアップしました)

アニメ制作者側の意図としては、ゆっくり丁寧に作っていこうという魂胆なのでしょうが、こんなに動きのない1話を見せられるのは、視聴者としては苦痛に感じました。

まず、今後一切出てくることのないであろう生前の主人公の話を5分以上流していますが、これいる?と思わざるをえません。生前と転生後では声も変えてきているので、親近感もわきませんし、ただのモブキャラのどうでもいい会話を5分間も流すなんて……。

オリジナルアニメなら、今後どうなるのかというワクワク感もあるかもしれませんが、なにせ「転生したらスライムだった件」というタイトルですから、こいつが転生前の主人公で、どうせ死んで転生するんでしょ?と誰でも話の展開が予想できてしまいます。これほど滑稽なことはありません。

ましてや、視聴者の心をつかむために大事な、1話の冒頭です。

残念ながら、ここでアニメ「転生したらスライムだった件」を鼻で笑って視聴をやめた人は大勢いることでしょう。

そして、どうでもいい過去話を聞き流していると、スライムとして転生します。

ようやく話がはじまるか……と思い、テレビ画面に再び意識を向けた視聴者に待っているのは、説明口調でつらつらとしゃべっている面白みのかけらもないシーン。

一応、ドラゴン(ヴェルドラ)さんも出てきます。がおー。

ヴェルドラさんとの掛け合いを楽しいと思えるかは人それぞれでしょう。1話が楽しかったと思った人はこのシーンを楽しいと思えた人だけでしょうね。逆に、ヴェルドラさんとの掛け合いをつまらないと感じれば、1話の感想は「つまらなかった」になるでしょう。

残念ながら、私は後者。

登場人物が二人しかでない紙芝居、しかも、ヴェルドラさんにただ説明をさせているだけの、つまらないシーンでした。ドラゴンなのにね。威厳もないし、このシーンばっさりカットでいいんじゃないですかね?

1話の内容全部を、5分弱くらいでまとめたほうが余程面白くなったと思います。なろう作品っていうのは、原作を最初から忠実に再現しないと叩かれるのかな?

 

唯一の救いは、江畑さんのOPシーン。歌は……、今期最低と言われてもおかしくないですね……。寺島さんの歌が良くないというのもあると思いますが、音が軽すぎて、編曲が最低最悪なんだとおもいます。

江畑さん特有のゆらゆらした戦闘シーンと、スライムと人間の体を活かした戦いは、おおっ、こういう戦い方もあるのかと思わせてくれました。予算が潤沢とは言えない中で、キャラクターの動きだけでここまで魅せてくれるのはさすがです。

プリプリのチセの戦闘シーンよかったなぁ……。

本編でも江畑さんの戦闘シーンがあるのならば、それは楽しみです。

ただ、次回予告ののんびり具合を見る限り、今後もこんな感じでスピード感ない話が続いていきそうです。スマホ太郎・デスマ次郎・百錬三郎の流れを断ち切ってほしいと思っていたのですが、残念ながらそれは難しそうです。